常識が正しいという洗脳

この夏は、アイスクリームにハマってました。 今年の東京は雨が多く、アイスクリームの売り上げとしては、 あまりいい年ではなかったそうですが、 僕は過去最高のアイスクリーム摂取をした年でした。 僕はなんでもハマったら、とことんやってしまいます。 飽きるまでとことん。 スマホのアプリゲームもそうです。 ずっとやってます。ハマってるんですね。 でもある程度やったら、飽きてやめます。 とことんやると、なんだかバカらしく思えるようになってしまうのです。 ずっと、同じ事の繰り返し。 進化のない、ただの時間つぶし。 アイスクリームだってそうです。 美味しいんですけど、 やっぱ飽きるんですよね。 いつまでも同じ事を繰り返す事に、 嫌気がさすんですね。 しかし、お酒はずっと飲んでました。 20代はじめは顔が赤くなる事にコンプレックスを持ったりしたのですが、 それも歳を重ねるとどうでもよくなって、 毎日飲むようになりました。 20年なるかならないかぐらい、 ほぼ毎日飲んでた気がします。 アイスクリームは一夏で飽きるのに、 なぜお酒は20年なんでしょうか? 20倍ですよ。 やっぱりこれは、 ドラッグだからでしょうね。 薬物。 アルコールという薬品なんですね。 ビールというドラッグ。 焼酎という薬物なんですよ、やっぱり。 そして、ここが一番ポイントだと思うのですが、 お酒を、『薬物』だと思えるか、思えないかが、 やめれる大きなポイン…

続きを読む

吐きだせ!『言い訳』!!

今の時代、 タバコを吸うのは、結構めんどうな時代になったと思います。 僕が吸い出した頃や、 よく吸ってた時代は、 ポイ捨てはあたり前。 路上でもどこでも吸ってたし、 子供や妊婦さんの前でも普通に吸ってました。 ぜんぜんマナーなんて感覚はありませんでした。 喫煙マナーが言われだしたのは、 ここ10年ほどではないでしょうか。 ちょっとヒステリックな団体や思想家達の活躍もあって、 非常に吸いにくい時代になったと思います。 都内の路上で吸えば、罰金でしょ? 凄い時代になったと思いますよ。 それだけタバコに対する『害』の認識が変わったんでしょう。 僕も吸わない側の人間なんで、 非常に今のこの時代のこの価値観に、恩恵を受けてる身です。 当然、喫煙者側も、 『吸う権利』を主張されます。 いいんですよ、吸っても。合法ですから。 ここでの対立は、 タバコの『害』の認識の違いからでしょうか。 副流煙の害についても、 賛否両論があり、 どれが正しいかは僕は分かりませんが、 ヒステリックに批判するのは、 あまり好きではないので、 そこを問題にしているわけではありません。 ただ『タバコをやめたい』と思ってる人達に、 少し思考を変えれば、 タバコなんて簡単にやめれると提唱しているだけです。 要は、考え方の切り替えなんですね。 今まで思い込んでる常識が、 実は違うんだよって分かれば、 その人の常識は変わるじゃないですか。 例えば、 『タ…

続きを読む

ユー、認めちゃいなよ!

お酒を飲んでた頃(と言ってもまだ272日前まで)は、 この行為が、肉体を痛めている事だと、 あまり自覚してませんでした。 これはドラッグ特有なのか、 どんなものでも、依存をしてしまうと、 そういう風に、自分の都合のいいようにしか、 認識、自覚しないのかもしれません。 そりゃそうですよね、 自分の行為に対して肯定しようとするのは、 人間の普遍的な行為だと思います。 人は、 自分のやってる事が、 『正しい』と思えないと、 やってられないわけなんですね。 もし、自分が正しいと思ってる事が、 否定されちゃうと、 なんだか辛いものです。 だから、 自分の自己行為を肯定しようとします。 例えば、 「野菜を食べるのは、カラダに悪いですよ」って事実が、 科学的にも、生物学的にも、 新しい新事実として、仮に判明したとします。 そうしたらたぶん、 みんな野菜を食べるのをひかえたり、やめたりすると思います。 その新しい説に信憑性があればあるほど。 みんな野菜を食べなくなりますよね。 新しい価値観の誕生です。 『真実の書き換え』ですね。 しかし、 『お酒』と『タバコ』はそうはいきません。 誰もが、 『お酒』を飲めば、カラダに悪いと自覚してますし、 今の所、まぎれもない事実です。 『タバコ』もそうです。 百害あって一利無しとまで言われてるタバコ。 そう言われてもう長いのに、 いまだ吸い続けてる人がいます。 もちろん、 気づ…

続きを読む